アフリカ豚コレラ

家畜伝染病対策、農水省が厳格化

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 農林水産省は2日、中国からの旅行者が1月、愛知県の中部空港に土産として持ち込んだ豚肉のソーセージから、アフリカ豚コレラの生きたウイルスを確認したと発表した。感染力のあるウイルスの持ち込みが判明したのは初めて。農水省は22日から水際対策を強化する。

 アフリカ豚コレラは豚やイノシシの伝染病で、岐阜、愛…

この記事は有料記事です。

残り224文字(全文374文字)

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集