メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新元号

「令和」 システム改修大詰め 福岡市、ゴム印で対応も

 新元号が使われるまで1カ月を切り、自治体や企業は改元に伴うシステム改修や文書の修正を急ぐ。「令和」を使ってもシステムが円滑に稼働するかどうかテストを重ねることになりそうだ。

 福岡市は、市民が記入する住民票などの申請書の印刷が約2カ月かかるため、5月1日から当面は職員がゴム印で年号を「令和」に修正するなどして対応する。

 新元号が施行される5月1日は婚姻届が多いと予想するが、既に市民から「新元号が入った婚姻届はいつでき…

この記事は有料記事です。

残り840文字(全文1050文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 高校担任が女子生徒とキス 6年後にシール見つかり発覚 停職3カ月 新潟県教委
  2. 丸山議員「女性いる店で飲ませろ」 北方領土訪問中、禁止されている外出を試みる
  3. 歌手の田口淳之介容疑者と女優の小嶺麗奈容疑者を逮捕 自宅で大麻所持の疑い
  4. 話題 百田尚樹さんの「日本国紀」批判で出版中止 作家が幻冬舎を批判
  5. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです