メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ドラえもん

「ドラえもんのうた」「ぼくドラえもん」の2大名曲がアレンジ版で“復活”

テレビアニメ「ドラえもん」の第1話 (C)藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK

 今年で放送40周年の人気テレビアニメ「ドラえもん」のテーマ曲である「ドラえもんのうた」「ぼくドラえもん」がアレンジされ、“復活”することが4日、明らかになった。「ドラえもんのうた」は男性2人組音楽ユニット「スキマスイッチ」の常田真太郎さんがアレンジし、ドラえもん役の水田わさびさんらレギュラーキャストが歌唱する。「ぼくドラえもん」は作曲家のha-jさんがアレンジを担当し、水田さんが歌唱する。アレンジされた「ドラえもんのうた」は、5日放送回のオープニングで登場。「ぼくドラえもん」は5月に登場する。

 劇場版アニメ「映画ドラえもん のび太の恐竜2006」(2006年)の主題歌を担当した常田さんは、「まさかテレビシリーズにも関わらせていただけるなんて想像していなかったのでビックリしたと同時にうれしい気持ちが込み上げました。でもクリエーター泣かせの楽曲で、“感性の極み”ともいうべきチャレンジでした」とコメント。ha-jさんは「僕自身が育ててもらった『ドラえもん』をすべて詰め込んで、ギュッと凝縮しようと思ってアレンジに挑みました」と語っている。

 2曲のレコーディングには、声優の水田さん、大原めぐみさん、かかずゆみさん、木村昴さん、関智一さんが参加。「ぼくドラえもん」のレコーディングに単独で挑戦した水田さんは、同曲を「“神レベル”な歌だと思っていた」といい、レコーディングでは「何度でも歌わせてください!」とスタッフに申し出るほどの熱量だったという。「ドラえもんのうた」は、キャラクターがバトンを渡すかのように歌いつないでいく構成となっており、5人で臨んだレコーディングでは、15年間培ってきたチームワークが発揮され、終始和やかな雰囲気だった。

 「ドラえもん」の5日放送回では、テレビアニメ第1話「ゆめの町、ノビタランド」をリメークして放送する。また、放送40周年企画として、全国からひみつ道具のアイデアを募集する「40周年だよ!ドラえもんひみつ道具コンテスト」を実施。最優秀賞に選ばれた3作品は、今夏に番組内でミニアニメとなって登場する。副賞としてドラえもんグッズが贈られる。「ドラえもん」はテレビ朝日系で毎週金曜午後7時に放送。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ウソだった…宮迫博之ら11人を謹慎処分「2万〜3万円のギャラの芸人も 最初から全てを話すべきだった」(スポニチ)
  2. わいせつ動画投稿疑い 長崎県職員の22歳女を逮捕 京都府警
  3. 松本人志、闇営業の実態解明は“吉本に任せる”(スポニチ)
  4. 深田恭子 「ルパンの娘」“泥棒スーツ”姿披露 瀬戸康史らと決めポーズ サカナクションが主題歌
  5. ORICON NEWS EXIT、闇営業報道で余波?「お達しが出まして…」 『M-1』への熱い思いも告白

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです