メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

地銀やバスの統合容易に インフラ維持図るため 未来投資会議

未来投資会議で発言する安倍晋三首相(左から2人目)=首相官邸で2019年4月3日午後6時8分、川田雅浩撮影

 政府は3日、成長戦略を議論する「未来投資会議」(議長・安倍晋三首相)で、地方銀行や乗り合いバス会社の経営統合を後押しする新たなルールの導入を決めた。人口減少に伴う市場の縮小で深刻な経営悪化に陥る前に他社との統合を促し、地域社会に欠かせない金融・交通インフラを維持するのが狙いだ。

 公正取引委員会の企業結合審査で、一定の要件を満たせば統合後の市場シェアが大幅に高まるようなケースでも特例として統合を認めるようにする。時限措置で政府は新法制定か、独占禁止法の新たな指針作成を検討。具体策は6月にもまとめる成長戦略に盛り込む。

 対象は、地銀と乗り合いバスに限定する。特例として統合を認める要件として、地銀は不当な貸出金利引き上…

この記事は有料記事です。

残り724文字(全文1035文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「不明管」で高額の水道料金、兵庫の男性が提訴 各地に存在か
  2. 滋賀・名神高速事故 被害者の身元判明 奈良県の女性会社員ら
  3. 新幹線「N700S」が時速360キロ 東海道で過去最高速度
  4. 滋賀・名神道の多重事故1人死亡 観光バス運転手を逮捕
  5. 新潟の70代男性、特殊詐欺で2450万円被害 所持金尽きるまで電子マネー購入

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです