メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米中通商協議が3日から開催 貿易戦争収束へ大詰め

 【ワシントン中井正裕】米中両政府は3日、貿易戦争の収束に向けた閣僚級通商協議をワシントンで開き、大詰めの交渉を行う。米国の対中追加関税の撤廃時期や、中国に知的財産権侵害問題の是正策などを守らせる仕組みについて対立が残っており、最終合意に向けた首脳会談の日程調整まで協議が進展するかが焦点となる。

 米中両政府は先週、3月1日の交渉期限延長から約1カ月ぶりに閣僚級協議を北京で再開した。今回は数日間の協議で合意文書の作成に…

この記事は有料記事です。

残り316文字(全文526文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 政権の意思決定また不透明に 検察庁法巡り法相が約束した文書いまだ「作成中」

  2. 小学校でクラスター発生か クラスメート5人感染 北九州・新型コロナ「第2波」

  3. 政府、マイナンバー「全口座ひも付け」義務化検討 来年の法改正目指す

  4. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  5. まさにアリの一穴…「ツイッター世論」は、なぜ、安倍政権を動かせたのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです