メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鮮やか幻想的にライティング 北海道・釧路川幣舞橋

LEDで鮮やかに染まった幣舞橋=北海道釧路市で2019年4月2日、平山公崇撮影

 北海道釧路市の釧路川下流に架かる幣舞橋(ぬさまいばし)で、LEDで鮮やかに照らすライティングが始まった。毎日実施され、点灯時間は日没30分後~午前0時。

 幣舞橋は来年、架橋から120年を迎える市のシンボル。「世界三大夕日」の一つとされる「釧路港へ沈む夕日」の鑑賞スポットとしても人気がある。

 ライティングは市の「まちなか観光周遊・…

この記事は有料記事です。

残り148文字(全文314文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 電車とホームドアの間に巻き込まれ医師死亡 稼働前で線路側に入れる状態 京急・上大岡駅

  2. 余録 鉄道会社が列車の5分遅れを「おわび」し…

  3. 小学生バレーボール体罰 一部の保護者、口止め誓約書を配布 「情報漏らした」と正座させ詰問も

  4. GSOMIAは継続 韓国が日本に伝達 政府関係者明らかに

  5. 電車の英語アナウンス、実はあの人…NHK「英語であそぼ」出演

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです