天皇陛下、せきの症状で祭祀取りやめ 大事を取って終日静養

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
宮内庁職員主催の茶会に出席し、あいさつされる天皇陛下と皇后陛下=京都御所で2019年3月27日、代表撮影
宮内庁職員主催の茶会に出席し、あいさつされる天皇陛下と皇后陛下=京都御所で2019年3月27日、代表撮影

 宮内庁は3日、天皇陛下が2日夜からせきの症状があるため、3日午前10時から皇居内であった宮中祭祀(さいし)の「神武天皇祭皇霊殿(こうれいでん)の儀」を欠席されたと発表した。

 同庁によると、陛下にせき以外の症状はなく、大事をとって3日は住まいの御所で静かに過ごすという。夕方に予定されている宮中祭祀も…

この記事は有料記事です。

残り58文字(全文208文字)

あわせて読みたい

注目の特集