メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平成文学対談 川村氏「終焉から春樹の時代へ」、田中氏「女性作家の潮流広がる」

中上健次

 平成の時代、日本の文学にはどんな成果があったのか、そして次の「令和」の時代の文学はどこに向かうのか。いずれも文芸評論家で、毎日新聞で文芸時評を1993(平成5)年から2010(平成22)年まで務めた川村湊さんと、10年から担当する田中和生さんに語り合ってもらった。【構成・大原一城、敬称略】

村上春樹の作品、「歴史性」と「消費生活」の側面

田中 平成は始まった直後の1990年代にバブルが崩壊し、阪神大震災やオウム真理教の事件が起こり、後半の2011年に東日本大震災がありましたね。暗いことが多かった。

川村 「戦争が無くて平和な時代であった」との総括が多いけれども、それは間違いだろうと思います。湾岸、…

この記事は有料記事です。

残り5627文字(全文5927文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 富山・朝日町教委、竹田恒泰氏講演中止 「教育勅語広める」授業に批判

  2. 飯塚元院長を12日にも書類送検 運転処罰法違反容疑 池袋母子死亡

  3. 勝間和代さんパートナーシップ解消 LGBT活動家の増原裕子さんと

  4. 安倍政権で費用2倍「桜を見る会」は税金で何をしているのか

  5. 自衛官2人、10分居眠りで停職 弾薬庫の警備中 兵庫・伊丹

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです