競走馬ウオッカが死ぬ、滞在先の英国で 07年日本ダービー優勝

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
牝馬として64年ぶりに優勝したウオッカとガッツポーズする四位騎手=東京競馬場で2007年5月27日、丸山博撮影
牝馬として64年ぶりに優勝したウオッカとガッツポーズする四位騎手=東京競馬場で2007年5月27日、丸山博撮影

 2007年の日本ダービーを牝馬として戦後初めて制したウオッカが、蹄葉炎(ていようえん)のため滞在先の英国で1日午後(現地時間)死んだ。15歳。日本中央競馬会(JRA)が3日、発表した。

 ウオッカは日本ダービーのほか、08年の天皇賞・秋、09年のジャパンカップなどJRA史上最多タイのG17勝を挙げ、…

この記事は有料記事です。

残り120文字(全文270文字)

あわせて読みたい

注目の特集