メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ラグビーW杯 チェイカ豪代表監督「一丸となって最善の結果目指す」

オーストラリア大使館のイベントに出席したラグビー・オーストラリア代表のマイケル・チェイカ監督(右から3人目)。左隣は競泳女子のリーゼル・ジョーンズさん、右隣はパラリンピック男子カヌーのカーティス・マクグラス=東京都港区で2019年4月3日午前11時58分、大谷津統一撮影

 9月20日に開幕するラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会で、オーストラリア代表「ワラビーズ」はニュージーランド(NZ)に並ぶ最多3度目の優勝を目指している。

 しかし、前回準優勝の強豪も最近は成績が低迷し、1日付の世界ランキングは6位。巻き返しを図るマイケル・チェイカ監督(52)は3日、東京都内で報道陣の取材に応じ、「W杯に向けた準備を徹底したい。一丸となって最善の結果を目指したい」と決意を語った。

 チェイカ監督は、オーストラリア大使館が開催したスポーツ外交をテーマとしたキャンペーン「オーストラリ…

この記事は有料記事です。

残り587文字(全文840文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 余録 「古着屋が袖口で知る左きき」…

  2. 韓国野党代表、頭丸めて法相罷免要求 2女性議員に次ぎ3人目

  3. 治安 半グレ、石垣島に進出 繁華街で悪質客引き、店舗を脅迫「つぶすってことだよね」  /沖縄

  4. 大坂なおみ選手「次は私に話してほしい」 日清アニメPR動画削除

  5. 佳子さまオーストリア訪問 大統領を表敬

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです