メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

あの人に会った

バドミントン選手 桃田賢斗さん

 ◆いにったひと

     たに将輝まさきさん 神奈川かながわ・サレジオ学院がくいんちゅうねん

    バドミントンはあし

     バドミントンの桃田賢斗ももたけんと選手せんしゅさくねん日本にっぽん男子だんしはじめて世界せかいランキング1になる快挙かいきょをなしとげました。中学ちゅうがくでバドミントン所属しょぞくするまいしょう読者どくしゃたに将輝まさきさんが、つよくなるためのコツや試合しあいとき気持きもちのつくかたきました。【田嶋たじま夏希なつき

     「がまん」。バドミントンにたにさんが試合しあい重要じゅうようなことをたずねると、桃田ももた選手せんしゅはそうりました。「きれいでかっこいいショットは、試合しあいでは1わりにすぎない。9わり自分じぶん相手あいてよりかんがえてうごいて、ミスをさせるのがバドミントンという競技きょうぎ。がむしゃらにひろって相手あいてにプレッシャーをあたえるようにしています」とはなします。

     部活ぶかつ使つかっているラケットをってきたたにさんは、おもくてはやいスマッシュと、オーバーヘッド(あたまよりたかいシャトル)のかたのコツもおしえてもらいました。桃田ももた選手せんしゅによると、スマッシュはちかられるところと、れないところを意識いしきすること。やってしまいがちなのが、ちからいっぱいグリップをにぎりしめ、ラケットをおおきくふることですが、りはちいさくコンパクトにつよつのが大切たいせつだそうです。

     オーバーヘッドは、シャトルのしたからだがしっかりはいっているかどうかがポイントです。これが基本きほん一番いちばんむずかしいそうですが、ちやすい場所ばしょまではいると体重たいじゅう移動いどうもスムーズにできます。桃田ももた選手せんしゅは「バドミントンはあし競技きょうぎです」と説明せつめいします。

     たにさんは試合中しあいちゅうにうまくいかずに、ネガティブ(うしき)になってしまうことにもこまっていました。ただ、世界せかいランキング1になった桃田ももた選手せんしゅでさえも「へたくそな自分じぶん嫌気いやけがさすことがある」とかしてくれました。そのうえで、こうアドバイスしてくれました。

     「21たい0でてることなんてほとんどなくて、うまくいかないことだらけだけど、そのなか自分じぶん長所ちょうしょ短所たんしょ見極みきわめて点数てんすうげていくのが大切たいせつです」

    ってみて…

     桃田ももた選手せんしゅつよ理由りゆうがよくかりました。気持きもちのつくかたなど、「なるほど」とおもったので、試合しあいかしたいです。


    プロフィル◇

     1994ねんまれ、香川県かがわけん出身しゅっしん小学生しょうがくせいでバドミントンをはじめ、福島県ふくしまけん中学高校ちゅうがくこうこうすすみ、かくねんだい日本一にほんいちに。身長しんちょう175センチメートル、体重たいじゅう72キログラム。NTT東日本所属ひがしにほんしょぞく

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ノロウイルスで0歳男児が死亡 岐阜・各務原
    2. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
    3. 新潟県警 寝坊し高速で175キロ 女性警官を書類送検
    4. 近畿、中国、四国も、最も遅い梅雨入り
    5. WEB CARTOP 制限速度135km/hオーバーで逮捕の会社員! 果たして罰則はどうなる?

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです