メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
プレスリリース

従業員持ち株投資会社Brown Advisoryがシンガポールにオフィス開設(共同通信PRワイヤー)

情報提供:共同通信PRワイヤー

プレスリリースページの情報について

従業員持ち株投資会社Brown Advisoryがシンガポールにオフィス開設

AsiaNet 78137(0550)


【シンガポール2019年4月3日PRNewswire=共同通信JBN】個人、家族、慈善団体、機関に幅広いソリューションを提供する世界的な従業員所有投資会社のBrown Advisory(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=2422705-1&h=962671674&u=https%3A%2F%2Fwww.brownadvisory.com%2F&a=Brown+Advisory )は3日、シンガポールに恒久的な事務所を設立したと発表した。2015年からBrown Advisoryロンドンオフィスに駐在してきた販売担当取締役のウォルター・ベケット(Walter Beckett)氏は、アジア太平洋地域の代表としてシンガポールに移転して、地域のビジネス拡大を指揮する。

Brown Advisoryは長年、アジア太平洋(APAC)地域に資金を運用しており、APACのクライアントの7億ドル以上の運用資産を管理している。シンガポールの新事務所開設は、より効率的にこれらクライアントにサービスを提供することができるようになる。事務所開設はまた、Brown Advisoryの世界的視野を強化し、世界にまたがるBrown Adisoryのクライアントに向けた同社の投資調査研究、アドバイザリー、サービス能力に対する価値を付加する。

Brown Advisoryの国際事業ヘッドであるロジー・フィッツウィリアムズ(Logie Fitzwilliams)氏は「われわれはシンガポール事務所の開設を発表することに大変興奮している。われわれは積極的に管理された一連の集中的な株式ファンドに対して、力強い実証された長年にわたる実績を持っており、今回地域のプレゼンスを持ったことで、顧客により良いサービスを提供するとともに、この市場で新しい関係を築くことを支援することができると確信している」と語った。

ベケット氏は「われわれはBrown Advisoryが過去25年世界で実行してきたのと同じように、アジアのクライアントと長期的な提携関係を構築したいと願っている」と語った。

▽Brown Advisoryについて
Brown Advisoryは独立系投資会社であり、最高級の投資パフォーマンス、戦略的助言、最高水準のサービスの組み合わせをクライアントに提供することにコミットしている。Brown Advisoryは1993年に創設され、1998年に自立した。

同社は現在、世界の12のオフィスから37カ国の個人クライアントと機関にサービスを提供し、2019年2月28日現在で約710億ドルのクライアント資産を管理している。同社の従業員持ち株制度、経験豊富な投資プロフェッショナル、協調的な投資処理、クライアント第一主義などの社風は、クライアントの生活に実質的な相違をもたらすことを支援している。さらに詳しい情報はhttps://www.brownadvisory.com を参照。

▽メディア問い合わせ先
Stephanie Dressler
Dukas Linden Public Relations
+1 (646) 808-3701
stephanie@dlpr.com

Louisa Cottrell (U.K.)
Brown Advisory
+44-203-301-8135
lcottrell@brownadvisory.com

Richard Gamper (U.S.)
Brown Advisory
+1 (410) 537-5560
rgamper@brownadvisory.com

ソース:Brown Advisory


情報提供:共同通信PRワイヤー

プレスリリースページの情報について

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

  2. 宇宙空間で初の犯罪容疑?NASA飛行士、口座不正侵入か

  3. 半導体材料輸出規制 動き鈍い韓国 日本の「本気度」を突き付ける

  4. 対韓輸出規制 半導体「3カ月限界」 日本の規制強化で 朝鮮日報報道

  5. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです