メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

セブン-イレブン・ジャパン

社長に永松氏 24時間問題収束図る 取締役会

永松文彦氏

 セブン&アイ・ホールディングス(HD)は4日の取締役会で、傘下のコンビニエンスストア最大手セブン-イレブン・ジャパンの古屋一樹社長(69)が代表権のない会長に退き、後任に永松文彦副社長(62)が昇格する人事を決めた。24時間営業の見直しを求める動きが広がる中、経営刷新で事態の収拾を図る。

 古屋氏は2016年5月から社長を務め、…

この記事は有料記事です。

残り196文字(全文361文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

  2. 乱交パーティー数十回主催 福岡県警職員を懲戒免職、売春防止法違反で起訴

  3. アイスダンス転向の高橋 まさかのミス「これが試合」 フィギュアNHK杯

  4. 収入減世帯の無利子融資 4割が延長 感染拡大で困窮、再延長求める声も

  5. 高橋大輔3位 アイスダンス転向後初の公式戦 フィギュアスケートNHK杯

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです