メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

バイデン前米副大統領

セクハラ釈明 大統領選出馬に黄信号? 接し方「配慮する」

バイデン前米副大統領=AP

 【ワシントン共同】来年の米大統領選出馬に意欲を示す民主党重鎮のバイデン前副大統領(76)は3日、不適切に触られたと女性らが相次ぎ訴えたセクハラ問題について、人々を励まそうと誰に対しても同じように接してきたと釈明する動画をツイッターに投稿した。謝罪はしなかったが「人々の個人的空間にもっと配慮し敬意を払う」と語り、女性らへの接し方を改める考えを示した。

 出馬表明が近いとの観測が出ているバイデン氏はトランプ大統領打倒を狙う民主党の最有力候補とみられてお…

この記事は有料記事です。

残り226文字(全文452文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 意識不明の巡査 手術で快方に向かう 拳銃強奪
  2. 金融庁「老後最大3000万円必要」独自試算 WGに4月提示
  3. 同級生に一方的恨みか 交友でトラブル 名前使って110番 拳銃強奪
  4. 「古瀬がんばれ!!」五郎丸選手が佐賀工ラグビー部後輩の巡査に励ましメッセージ 交番襲撃
  5. ピエール瀧被告に判決 懲役1年6月、執行猶予3年 麻薬取締法違反で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです