メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

今度は私が子ども守る 「釜石の奇跡」中学生、小学校教員に 「寄り添ってくれた」姿が理想

担任を務めることになった2年生のクラスの子を引率する及川真穂さん(右)=岩手県釜石市の市立甲子小体育館で2019年4月4日

きょう着任

 東日本大震災で岩手県釜石市鵜住居(うのすまい)地区の小中学生約600人が率先して高台へ避難し津波から命を守った「釜石の奇跡」。その中心となった釜石東中の卒業生から初めて学校の先生が誕生した。3月に岩手大教育学部を卒業した及川真穂さん(22)。「子どもたちの命を守れる教員」を目指して一歩を踏み出した。【中尾卓英】

 釜石市立甲子(かっし)小学校。及川さんは4日朝、2~6年生約220人が集まった同小体育館での着任式…

この記事は有料記事です。

残り908文字(全文1120文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 河井案里議員に「裏切られた」 車上運動員紹介の広島県議を任意聴取 広島地検

  2. 首相、施政方針で「台湾」に言及 異例の演説、どよめきと5秒間の拍手も

  3. まさに「雪乞い」 東京五輪の暑さ対策、少雪でピンチ 豪雪の南魚沼

  4. 中国新型肺炎 「ヒトからヒト」感染確認 「医療従事者14人への感染も」

  5. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです