メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Interview

岡本真夜 「母」の笑顔のために 新作「Happy Days」

=日本コロムビア提供

 最初に刻まれたイメージを払拭(ふっしょく)するのは、大変難しい。でも、作詞・作曲し、それを歌うシンガー・ソングライターだけは、思うままに自分をさらけ出せると、誰もが思う。だが、岡本真夜はそうではなかった、と言う。

 1995年、デビュー曲「TOMORROW」は、明るく元気で聴く人を勇気づけ奮い立たせる歌として約200万枚売れた。当時、岡本は宣伝戦略により、ライブも行わず、メディア露出もテレビ、ラジオどころか写真すら出さないという徹底ぶりで、「応援歌を作り歌う謎の歌手」を印象付けた。次作「FOREVER」も盗作騒ぎとなった「そのままの君でいて」もその流れにある。が、岡本はそれが「つらかった」と振り返る。

この記事は有料記事です。

残り814文字(全文1118文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 参院補選2019 N国・立花党首「埼玉補選に落ちたら海老名市長選に立候補」と表明

  2. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  3. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

  4. 働く高齢者、年金上乗せ 65~70歳 保険料納付翌年から 厚労省提案

  5. GPIF理事長を減給処分 「女性と関係」内部通報、監査委員に報告遅れ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです