メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Interview

岡本真夜 「母」の笑顔のために 新作「Happy Days」

=日本コロムビア提供

 最初に刻まれたイメージを払拭(ふっしょく)するのは、大変難しい。でも、作詞・作曲し、それを歌うシンガー・ソングライターだけは、思うままに自分をさらけ出せると、誰もが思う。だが、岡本真夜はそうではなかった、と言う。

 1995年、デビュー曲「TOMORROW」は、明るく元気で聴く人を勇気づけ奮い立たせる歌として約200万枚売れた。当時、岡本は宣伝戦略により、ライブも行わず、メディア露出もテレビ、ラジオどころか写真すら出さないという徹底ぶりで、「応援歌を作り歌う謎の歌手」を印象付けた。次作「FOREVER」も盗作騒ぎとなった「そのままの君でいて」もその流れにある。が、岡本はそれが「つらかった」と振り返る。

この記事は有料記事です。

残り814文字(全文1118文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 神羅万象チョコ 15年の歴史に幕 累計1億2575万個販売 7月に最終弾発売
  2. ORICON NEWS 『名探偵ピカチュウ』米興行、予想を上回る好成績 「ゲーム原作映画はヒットしない」定説を覆す?
  3. 屋久島孤立 下山232人のうち25人到着 残留34人の救助始まらず
  4. WEB CARTOP [譲らないのも道交法違反]後ろから速いクルマが迫ってきたときはどうする?
  5. 「自分の息子信じたい」被告の両親通報せず 妹は通報提案 野田・女児虐待死

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです