メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Interview

「かもめ」で大女優役、朝海ひかる 審査通し面白さも倍増

 東京・新国立劇場初の試みとして、全キャストをオーディションで決めた「かもめ」(チェーホフ作、小川絵梨子翻訳、鈴木裕美演出)が11日から上演される。約300人の中から大女優アルカージナ役に選ばれたのは、元宝塚歌劇団雪組トップの朝海ひかる。「役者として本当にありがたい企画」と感謝する。

 オーディションの開催をインターネットで知り、受験を即決した。「新国立制作の舞台に立ちたい、鈴木さんとご一緒してみたい、チェーホフをやってみたい、と動機が三つもそろっていた」と話す。

 審査は約6週間にわたって行われた。「他の受験者の前で、演技することに最初は緊張しました」と苦笑する…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 元吉本新喜劇座長で喜劇役者 木村進さん死去、68歳
  2. ORICON NEWS 内野聖陽、『きのう何食べた?』細部までいき届いた繊細な演技に絶賛の声
  3. 長谷川博己さん、明智光秀の菩提寺訪問 来年の大河ドラマ「麒麟がくる」主役
  4. 兵庫県庁、700億円かけ建て替えへ 耐震対策 30年度まで
  5. 大きな虹 福岡の空に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです