メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 「グルメを話題にすれば初対面でも仲良くなりやすい。訪問時に使えるね」。3月末、埼玉県和光市のカフェで40~70代の女性の談笑が続いた。児童虐待防止に取り組む市民団体「ホームスタート・ジャパン」での研修の一コマだ。8日間に及ぶ研修では「傾聴」「協働」を柱に、有識者から話を聞き、肩ひじ張らない関係づくりを学ぶ。

 活動は10年前、乳幼児とその親が一緒に遊ぶ「子育て広場」を運営している同市の森田圭子さん(56)が…

この記事は有料記事です。

残り236文字(全文441文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 中国「感染力強まった」 海外団体旅行禁止

  2. 山形唯一の老舗百貨店「大沼」破産申請へ 従業員200人解雇方針

  3. 「非厚底」で優勝の松田 支えたのは伝説の靴職人 大阪国際女子マラソン

  4. 元NBAスター、コービー・ブライアント氏死亡 ヘリ墜落で 同乗の13歳娘も

  5. 怒る国民、焦る習主席 力任せの「武漢封鎖」に国内で摩擦も 新型肺炎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです