メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

防災決意、新たな出発 被災地域で県警3施設 /宮城

 県警は3日、東日本大震災で被災し、再建した石巻市の河北署雄勝駐在所の落成式と、気仙沼市の気仙沼署鹿折駐在所の開所式を行った。この日は、仙台市若林区に新設された若林署の開署式もあった。いずれも管内に被災地を抱え、関係者は防災への決意を込めて新たな出発を誓った。

「安全センターの機能」 河北署雄勝駐在所

 石巻市雄勝地区一体の安全を担う河北署雄勝駐在所は、災害公営住宅などの建ち並ぶ「雄勝中央団地」の一角に再建された。

 同駐在所の前身は1887(明治20)年に雄勝浜に設置された。大正時代に津波を想定し移設したが、1933年の昭和三陸津波で倒壊し、移転改築した。2度の建て替えを経た後の2011年、平屋建て庁舎は津波で全壊し流失。その後は仮庁舎で業務を続けてきた。8年ぶりに新築された木造平屋建て庁舎は海を見下ろす海抜約20メートルの高台にあり、隣には3月に開所したばかりの河北消防署雄勝出張所がある。

この記事は有料記事です。

残り885文字(全文1284文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  2. 十両以上の休場者18人に 戦後最多を更新 大相撲初場所

  3. GoTo客受け入れ8宿泊施設で5人以上感染 10月下旬までに 情報公開請求で判明

  4. 二つの支持率が占う菅政権の今後 政権運営力低下を無情にも示すその「差し引き」

  5. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです