メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

塩釜防波堤120メートル倒壊 津波で地盤削られたか /宮城

 県は3日、塩釜市の塩釜漁港東防波堤(全長1439メートル、標高3メートル)のうち、長さ120メートルが倒壊したと発表した。東日本大震災の津波で、防波堤直下の地盤が一部削られたことが要因として考えられるという。県は防波堤周辺の航行や漁業活動に注意するよう呼びかけている。

 倒壊した防波堤のうち長さ約60メートルが水没。最大で1・17メートル分の傾斜が確認された。同日午前6時ごろ、地元の建設業者が発見し、仙台地方振興事務所に連絡した。

 同防波堤の変状は昨年12月に発覚。少なくとも100メートルの範囲で傾斜が見られたため、県が周辺への…

この記事は有料記事です。

残り282文字(全文549文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「桜を見る会」参加の山口県議ら、ブログ削除相次ぐ

  2. 「税金の私物化では」と批判あふれる「桜を見る会」 何が問題か 国会質疑で分かったこと

  3. 安倍政権で費用2倍「桜を見る会」は税金で何をしているのか

  4. コストコに車突っ込み貴金属盗まれる 北九州

  5. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです