メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

塩釜防波堤120メートル倒壊 津波で地盤削られたか /宮城

 県は3日、塩釜市の塩釜漁港東防波堤(全長1439メートル、標高3メートル)のうち、長さ120メートルが倒壊したと発表した。東日本大震災の津波で、防波堤直下の地盤が一部削られたことが要因として考えられるという。県は防波堤周辺の航行や漁業活動に注意するよう呼びかけている。

 倒壊した防波堤のうち長さ約60メートルが水没。最大で1・17メートル分の傾斜が確認された。同日午前6時ごろ、地元の建設業者が発見し、仙台地方振興事務所に連絡した。

 同防波堤の変状は昨年12月に発覚。少なくとも100メートルの範囲で傾斜が見られたため、県が周辺への…

この記事は有料記事です。

残り282文字(全文549文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  2. どうする国民年金 (1)基礎年金生活者・単身女性に訪れる甘くない将来

  3. 「小泉政権の政府見解と矛盾」との指摘にどう答えたか 誕生日だった菅氏一問一答

  4. 東名あおり運転控訴審 1審判決を破棄、地裁に差し戻し 「危険運転」は否定せず

  5. 東名あおり事故初公判 死亡夫婦の次女の供述「パパとママが死んでしまいました」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです