メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

改元と秋田

農業に懸けた平成 大嘗祭に米献上の伊藤さん /秋田

 田園風景が広がる五城目町の大川石崎地区。その一角、15アールの田んぼのあぜ道には、直径30センチほどの黒い石が置かれていた。ちょうど卵を半分に切ったような形で、その断面には「平成大嘗祭(だいじょうさい)悠紀(ゆき)齋田(さいでん)」と刻まれている。「自分が平成の時代に秋田に生きた証しです」。田を所有する伊藤容一郎さん(80)は1990年秋の大嘗祭に精米210キロ、玄米7・5キロを献上した。全国で2人しか選ばれない大田主の一人は、そう振り返る。【山本康介】

 数百年続く農家に生まれた。県立金足農高を卒業した頃は、家業をずっと継ぐ気はなかった。だが、地元農協…

この記事は有料記事です。

残り1319文字(全文1599文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 目黒虐待死 懲役18年求刑された父、涙で「本当に本当にごめんなさい」

  2. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

  3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  4. 家も畑も「本当に無くなっちゃった」 「次はすぐ逃げる」 住民ぼうぜん 堤防決壊の千曲川

  5. 郵政副社長 NHKのかんぽ問題取材は「放送倫理違反」 参院予算委

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです