メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

’19統一地方選

県議選 注目の南7区ルポ 今夏参院選の前哨戦 自民と立憲、新人一騎打ち /埼玉

 昨年11月に当時の自民現職が女性へのストーカー規制法違反事件で辞職し、自民と立憲の新人同士が争う県議選南7区(さいたま市中央区、定数1)。立憲民主の枝野幸男代表(衆院埼玉5区)の地元でもあり、与野党一騎打ちの構図に注目が集まる。【三股智子】

この記事は有料記事です。

残り660文字(全文781文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. SMAP元メンバー出演に圧力か ジャニーズ事務所を注意 公取委
  2. 「吾郎ちゃんら元SMAP3人、なぜテレビに出ないの?」に公取委が判断 ジャニーズに注意
  3. ジャニーズ「圧力の事実はないが当局の調査は重く受け止める」 HPでコメント発表
  4. 民放テレビ局幹部 ジャニーズ事務所から「圧力ないが過剰にそんたくはあったかも」
  5. 新しい地図 ファンの笑顔と共に 3人で描く

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです