メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

’19統一地方選

県議選 注目選挙区を歩く 海老名市 保守分裂の事態に /神奈川

 都心へのアクセスの良さ、暮らしやすさから、人気の都市に挙げられることもある海老名市。人口増により、子ども向け施策の拡充や交通インフラ整備など行政課題も多い。統一地方選の県議選も中盤。海老名市の選挙区では三つどもえの選挙戦が熱を帯びている。 自民党の現職、長田進治氏に対し、党支部の幹部として長田氏を支えてきた元市議の永井浩介氏が、県と市の連携促進などを掲げて無所属で立候補。海老名市を含む県央地区は甘利明・自民党選挙対策委員長の地元だが、前回選の県議選・綾瀬市選挙区に続いて「保守分裂」の事態に発展した。そこに立憲民主党の新人、舘登志子氏が加わり、三つどもえの構図となった。

 長田氏の陣営は、選挙戦を左右する保守票の取りまとめを急ぐ。選挙戦では、健康寿命を延ばす政策、地域へ…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟の70代男性、特殊詐欺で2450万円被害 所持金尽きるまで電子マネー購入
  2. 滋賀・名神道の多重事故1人死亡 観光バス運転手を逮捕
  3. 「絶対に稼ぐ」「だらけるな、痩せろ」タイ拠点の振り込め詐欺 逮捕された日本人男15人の「奴隷生活」
  4. 丸山氏、衆院理事会の聴取欠席 「2カ月の休養必要」という診断書提出
  5. 歌手の田口淳之介容疑者と女優の小嶺麗奈容疑者を逮捕 自宅で大麻所持の疑い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです