メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ラッピング列車

「光秀列車」運行始まる 大河ドラマ「麒麟がくる」放送に向け 明智-恵那間1日3~5往復 /岐阜

 第三セクター・明知鉄道(本社・恵那市明智町)で戦国武将・明智光秀にちなんだラッピング列車の運行が始まった。光秀が主人公の大河ドラマ「麒麟(きりん)がくる」(2020年放送)に向けた取り組みで、光秀の出生地伝説のある明智町を盛り上げる観光PRの一環。【立松勝】

 列車の内外装デザインは27点の応募案から名古屋市の広告デザイン会社員、梛野(なぎの)和久さん(46)の案が採用された。戦国時代の戦乱を赤色…

この記事は有料記事です。

残り300文字(全文500文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 信長、牛、中学生…「飛び出し坊や」相次いで盗まれる 発祥の地とされる滋賀

  2. 埼玉県南部などで震度3 津波の心配なし

  3. 菅官房長官、桜を見る会で反社勢力とツーショット? 「指摘は承知している」

  4. 支払い前に領収書? 宛名未記入?…ANAホテルの回答から浮かび上がる 首相説明の不自然さ

  5. トランプ氏再選なら安倍首相も4選を

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです