メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西日本豪雨

被災地の若者、新たな一歩 /岡山

夢だった消防士への道を歩み始めた向井瑠美依さん=岡山市東区沼で、林田奈々撮影

 就職、進学シーズンの春。昨年7月の西日本豪雨を経験した若者たちも新しい一歩を踏み出した。【林田奈々】

「安心する」と言われる存在に 岡山の向井さん(19) 憧れの消防局合格

 豪雨の際に岡山市の消防団員として救助活動に加わった向井瑠美依(るびい)さん(19)は今月、岡山市消防局の職員として歩み出した。

 小学生の時に授業で消防署に行ったことがきっかけで消防士に憧れた。だが、高校卒業前に三つの消防局を受験したものの全て不合格に。再挑戦するため、高校卒業後は公務員試験の専門学校に入学するとともに、岡山市消防団の浮田分団に入団。消火活動の基本動作を身に着ける操法訓練に参加した。

 昨年7月、岡山市東区の平島地区は豪雨で堤防が決壊し、大規模な浸水被害を受けた。7日朝、先に出動して…

この記事は有料記事です。

残り1324文字(全文1661文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  2. 死者54人不明17人 避難者3万8000人 雨に警戒を 台風19号

  3. 長野・佐久でボランティア受け付け開始 若者ら232人が片付けに汗

  4. NZ監督警戒「日本が組み合わせの反対側なのは幸運」 ティア1と認識

  5. 満身創痍ギリヤーク尼ヶ崎さん 西新宿で青空舞踏 命の尊さ祈り捧げる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです