メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

広島土砂災害

忘れない 命の大切さ伝える絵本 2人犠牲の安佐北区三入地区、地元住民と児童ら完成 /広島

完成した絵本を手に笑顔を見せる児童たち=広島市安佐北区三入3の三入小学校で、小山美砂撮影

民話に防災要素を加え

 2014年の広島土砂災害で2人の犠牲者が出た安佐北区三入地区の住民と三入小学校が共同で、災害の恐ろしさや命の大切さを伝える絵本を完成させた。同地区に伝わる民話に住民らが防災の要素を加え、児童が絵を付けた。物語を通して防災教育を行い、さらに地元に愛着を持ってもらう狙いという。【小山美砂】

 題材になったのは、同地区の南原地域に伝わる「弘法大師と南原川の鮒(ふな)」。南原村を訪れた弘法大師…

この記事は有料記事です。

残り571文字(全文775文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ノロウイルスで0歳男児が死亡 岐阜・各務原
  2. 警察がユニークなポスターで若者「確保」 志望者減続き
  3. 埼玉県に9200万円賠償命令 訓練中の機動隊員溺死
  4. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  5. 竹島、最古の地図発見 1752年に航路示す

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです