メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

現場から

2019県議選 高松市選挙区(直島) 離島の人口減少 瀬戸芸の地もやまず /香川

ホテルのフロントで宿泊客に応対する中野功貴さん(左)=香川県直島町で、小川和久撮影

「日常的に外国人が島にあふれ、昔と風景が変わっていった」。高松港からフェリーで約50分。「アートの島」として海外でも知られる直島町で、ホテル業などを営む中野功貴(こうき)さん(29)は話す。今月26日には3年に1度の瀬戸内国際芸術祭(瀬戸芸)が開幕することもあり、さらに多くの観光客来訪に期待を寄せる。

この記事は有料記事です。

残り870文字(全文1021文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 嵐のコンサート「開場前見たかった」ヤフオクドームに侵入容疑で男逮捕

  2. 2位の羽生「めちゃ悔しい 今に見ておけ」 GPファイナル男子

  3. 羽生2位、5度目のV逃す チェンが世界最高で3連覇 GPファイナル男子

  4. 三菱電機社員が自殺、上司を自殺教唆容疑で書類送検 兵庫・三田

  5. 羽生、プレゼントは「燃える悔しさ」 25歳誕生日、チェンと高次元の戦い

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです