メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ハザードマップ

明治学園高の生徒が作成 「小倉東断層」歩いて調査 倒壊危険度、3段階に分け /福岡

左右幅200メートル、家屋2600棟

 明治学園高校(戸畑区)の生徒たちが、北九州市を南北に通る活断層「小倉東断層」(約13キロ)を歩いて調査し、ハザードマップを作成した。調査では、避難所として指定されている小学校が活断層の真上にあるケースも判明。防災・減災に向けた啓発活動を続けている。

 同校は文部科学省のスーパーグローバルハイスクール(SGH)指定校で、2017年8月に小倉東断層を中心に左右幅20メートルの地域を目視でチェック。さらに同…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 名古屋・栄で男性刺され死亡 トラブルでけんかか 男1人を逮捕
  2. 学校ストライキ 「行ってる場合じゃない」 地球守れ、世界180万人
  3. 小澤征爾さんが26日の定期演奏会を降板
  4. eスポーツ競技者はゲーム依存症にならないのか
  5. 「お前は横綱になれる」 朝乃山、死の病床から励ましくれた恩師にささげる初優勝

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです