メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

「しまい込んだ悲しみ 向かい合って」 宮城・石巻の元大川小校長、千葉さん 益城で教職員に研修 /熊本

 熊本地震で甚大な被害を受けた熊本県益城(ましき)町は2日、東日本大震災による津波で全校児童108人中74人が犠牲になった宮城県石巻市立大川小の元校長、千葉照彦さんを講師に、町内の小中学校全教職員を対象とした研修をした。

 大震災の約1年後に大川小に赴任し、子どもたちの心のケアや防災教育に4年間取り組んだ千葉さんは、子どもが心にしまい込んでいる感情を表現することや、自分が必要とされていると実感させることの大切さなどを訴えた。

 千葉さんは当初、大川小の児童たちに接するたびに違和感を味わっていたという。子どもたちがいつも明るく…

この記事は有料記事です。

残り291文字(全文554文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 嵐のコンサート「開場前見たかった」ヤフオクドームに侵入容疑で男逮捕

  2. 羽生、プレゼントは「燃える悔しさ」 25歳誕生日、チェンと高次元の戦い

  3. 羽生2位、5度目のV逃す チェンが世界最高で3連覇 GPファイナル男子

  4. 三菱電機社員が自殺、上司を自殺教唆容疑で書類送検 兵庫・三田

  5. 2位の羽生「めちゃ悔しい 今に見ておけ」 GPファイナル男子

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです