メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

踏み跡にたたずんで

桜とあざらし=小野正嗣

 日本庭園があると聞いていたので訪れることにした。

 窓の向こうの、ビル群の上に広がる巨大な空には雲ひとつないのに、容赦のない時差ボケのせいで、頭のなかにはどんよりと重い雲が立ちこめていた。

 ホテルの部屋を出る前にシャワーを浴びたけれど、眠気が消えたのは一瞬だけで、ロビーに着いたころにはもう、九階の部屋に引き返してベッドの上に倒れ込みたくなっていた。

 エレベーターにもロビーも、老若男女を問わず、まったく同じデザインのトートバッグを肩にかけた人たちだ…

この記事は有料記事です。

残り2046文字(全文2271文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 犯罪被害にあった上、苦しい生活 なぜ経済的支援は届かないのか

  2. 西川さん絶叫「揺らせよ!」観客熱狂 イナズマロックフェス2019開幕 滋賀・草津

  3. 健康食品か医薬品か 駄菓子かおまけ付きか…軽減税率、対応に苦心

  4. 松尾貴史のちょっと違和感 台風15号が千葉県直撃 組閣を優先した「棄民」政権

  5. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです