メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

木語

インドも宇宙デブリ=坂東賢治

 <moku-go>

 アポロ11号の月面着陸から50年。宇宙でのビッグイベントが相次ぐ。年明け早々、米国の探査機が史上最も遠い天体に到達し、中国は月の裏側への探査機着陸を成功させた。小惑星「リュウグウ」でのプロジェクトを進める日本の「はやぶさ2」も注目の的だ。

 日米中露、欧州連合(EU)と共に宇宙開発の「ビッグ6」といわれるのがインドだ。2014年に中国より先に火星探査機を周回軌道に到達させた技術力への評価は高い。今年は5月にも08年以来の月探査機を打ち上げ、初の月面着陸を目指す計画だ。

 インドの宇宙開発は先行した米露、追い上げる中国と同様に軍事技術と密接に結びついている。3月27日に…

この記事は有料記事です。

残り723文字(全文1019文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 勝間和代さんパートナーシップ解消 LGBT活動家の増原裕子さんと

  2. 富山・朝日町教委、竹田恒泰氏講演中止 「教育勅語広める」授業に批判

  3. 安倍政権で費用2倍「桜を見る会」は税金で何をしているのか

  4. 京都選挙区、立憲新人の増原氏が落選

  5. 自衛官2人、10分居眠りで停職 弾薬庫の警備中 兵庫・伊丹

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです