メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ

ゴーン被告4回目逮捕の方針 検察、有罪へ「勝負手」 身体拘束に慎重論も

 「変装姿」での保釈から約1カ月。日産自動車前会長のカルロス・ゴーン被告(65)=会社法違反(特別背任)などで起訴=の不正に関し「オマーンルート」疑惑の捜査を続けていた東京地検特捜部は、前会長の4回目の逮捕を視野に動き始めた。有罪を確実にするための「勝負手」とみられるが、「長期勾留批判」が再燃するリスクもはらむ。日産やフランス当局の動きなど、前会長を巡る状況は一層複雑なものとなっている。

 「ゴーン氏を巡る疑惑のブラックボックスは大きい。これまでに起訴した事案はその一端に過ぎない」。検察幹部は、ゴーン前会長の不正の闇は深いと断言する。特捜部は「日産の私物化」をさらに明らかにするため、新たに「オマーンルート」を立件する方向へかじを切った。

この記事は有料記事です。

残り2698文字(全文3019文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相、大規模イベント中止・延期を要請 3月中旬まで2週間

  2. オリックス生命 新宿拠点の700人超を在宅勤務に 協力会社員が新型コロナ感染で

  3. 函館市の高齢者死亡 国内の死者6人目、北海道で初 新型コロナ感染で

  4. 東京オリンピック開催判断「期限は5月下旬」IOC委員 新型コロナ感染拡大で

  5. 海からイノシシ、窒息死させて返り討ち 長崎の50代男性に警察官もビックリ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです