メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

質問なるほドリ

深海生物どう守る? 保護区作り生態系保全、採掘・漁などを規制=回答・荒木涼子

深海の海底が盛り上がった「海山」に生息するサンゴ類=海洋研究開発機構提供

 なるほドリ 深い海に暮らす生き物を守るエリアができるって聞いたよ。どんなものなの?

 記者 国連(こくれん)の生物多様性条約(せいぶつたようせいじょうやく)に基づく保護区を作り、沿岸(えんがん)部から遠く離れた水深200メートルより深い海「深海(しんかい)」の海底付近に住む生物たちを守ります。具体的には、鉱物(こうぶつ)資源の採掘(さいくつ)や底引き網漁は届け出制にして、特に保護が必要な区域は許可制とします。最初の場所は小笠原諸島沖(おがさわらしょとうおき)にする予定です。

この記事は有料記事です。

残り561文字(全文800文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新宿御苑、お酒ダメなはずなのに…首相「桜を見る会」だけ特例?

  2. ORICON NEWS ゴールデンボンバー、12・28新アルバム『もう紅白に出してくれない』発売 紅白出場者発表日に発表

  3. 政治 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  4. 「桜を見る会」参加者が語る 「ファンの集い」と「往復する首相」

  5. 3分でわかる政治の基礎知識 秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです