連載

なるほドリ

ニュースの背景や素朴な疑問を「なるほドリ」が質問。担当記者がQ&Aでわかりやすく答えます。

連載一覧

なるほドリ

深海生物どう守る? 保護区作り生態系保全、採掘・漁などを規制=回答・荒木涼子

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
深海の海底が盛り上がった「海山」に生息するサンゴ類=海洋研究開発機構提供
深海の海底が盛り上がった「海山」に生息するサンゴ類=海洋研究開発機構提供

 なるほドリ 深い海に暮らす生き物を守るエリアができるって聞いたよ。どんなものなの?

 記者 国連(こくれん)の生物多様性条約(せいぶつたようせいじょうやく)に基づく保護区を作り、沿岸(えんがん)部から遠く離れた水深200メートルより深い海「深海(しんかい)」の海底付近に住む生物たちを守ります。具体的には、鉱物(こうぶつ)資源の採掘(さいくつ)や底引き網漁は届け出制にして、特に保護が必要な区域は許可制とします。最初の場所は小笠原諸島沖(おがさわらしょとうおき)にする予定です。

この記事は有料記事です。

残り561文字(全文800文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集