メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

発言

子どもの貧困対策練り直せ=阿部彩・首都大学東京教授

 厚生労働省の発表によると、子どもの貧困率は、2012年から15年にかけて16・3%から13・9%へと大きく減少した。データの整備の関係で、15年が最新の値となるが、この間の好景気に鑑みると、子どもの貧困は全体的には改善していると考えてもよいであろう。

 これ自体は喜ばしいことなのであるが、子どもの貧困率を1980年代からさかのぼって詳しく分析すると、懸念すべき事がある。一つが、85年(データが存在する最初の年)の子どもの貧困率は10・9%であり、15年の貧困率が減少したと言っても、80年代レベルまで下がったわけではないということである。実際に、子どもの貧困率は過去30年間において好景気の際に減少し、景気が悪くなると以前よりもさらに悪化するということを繰り返しており、長期的なトレンドとしては右肩上がりである。そして、この間の上昇を年齢別に見ると、最も上昇しているのが20~24歳、次が15~19歳であり、若者や中高校生の貧困者が増えているのである。男性においては、この年齢層の貧困率は、70歳代の貧困率よりも高い。

 もう一つの懸念材料が、ふたり親世帯(核家族)の子どもの貧困率である。この世帯タイプは、そもそも貧困…

この記事は有料記事です。

残り769文字(全文1280文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 尾を引く丸山穂高議員の「戦争」発言 問題行動も次々 北海道内外で波紋
  2. クマの出没、山口県内で相次ぐ 過疎化で生息域管理難航、進出域拡大
  3. トランプ氏大相撲観戦 手をたたく姿皆無、腕を組む場面も 観客「何を考えたのだろう」という声も
  4. トランプ米大統領 来日 首相、蜜月アピール 「やり過ぎ」野党批判
  5. ORICON NEWS 小雪の姉・弥生、妊娠報告「夏の終わりには家族が増える予定」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです