メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アルジェリア

大統領辞職 平和的政権交代が焦点

ブーテフリカ大統領の辞職を受けて街中で喜ぶ人々=アルジェで2日、AP

 【カイロ篠田航一】北アフリカの産油国アルジェリアで、20年間の長期政権を維持したブーテフリカ大統領(82)が2日、辞職した。今月18日に予定されていた大統領選に5選を目指して出馬表明したことに対し、国民が猛反発。2月以降、数十万人規模のデモがほぼ毎週続き、ブーテフリカ氏は混乱回避のために辞職が避けられないと判断した模様だ。

 国営アルジェリア通信などによると、国民評議会(上院に相当)の議長が今後90日間、大統領の職務を代行し、その間に大統領選を実施する見通し。今後の焦点は、アラブ諸国で権力移行期に頻発する暴動や略奪といった混乱が起きず、平和的な政権交代ができるかどうかに移る。

 2日夜にブーテフリカ氏が「混乱収拾のため本日で私の任期を終える」と発表したことが伝えられると、首都アルジェでは多くの若者が広場などに集まり歓声を上げたという。ブーテフリカ氏は2013年に脳卒中で倒れて以降、車いす生活が続き、公の場にほとんど姿を現していない。

この記事は有料記事です。

残り352文字(全文773文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「黄信号」点灯間近に 基準緩和の大阪モデル 1週間で感染100人超

  2. 新型コロナ「後遺症」研究へ 退院後も息苦しい、疲れやすい… 厚労省、2000人対象

  3. 「母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」 ツイートが大反響を呼んだ三つの視点

  4. 草彅剛さん、来年のNHK大河ドラマで徳川慶喜役「僕の人生にも大きな役」

  5. 夜通しパーティーやカラオケ…看護師3人感染 患者2人も 奈良、拡大恐れ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです