メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

焦点

トヨタ、HV特許開放 対EV 埋没に危機感、方針転換 2030年末まで無償

ハイブリッド車(HV)開発で培われた特許の無償開放について説明するトヨタ自動車の寺師茂樹副社長=名古屋市内で3日午後、田口雅士撮影

 トヨタ自動車は3日、ハイブリッド車(HV)など電動車技術の大半の特許を2030年末まで無償開放すると発表した。世界的に環境規制が強まり、電気自動車(EV)を含む電動車の普及が見込まれる中、高い技術を自社で囲い込む従来の方針を転換し、HVの存在感維持と市場拡大を狙う。HVはEVと共通する技術・部品も多く、電動車全体の製造コスト引き下げにつなげる思惑がある。【小倉祥徳、田口雅士】

 「電動車は普及してこそ意味がある。燃費改善の技術には絶対的自信を持っており、(世界中で)多くの会社…

この記事は有料記事です。

残り1530文字(全文1770文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 ハンドルほぼ操作せず 87歳男性パニックか
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 校長のセクハラ告発女子生徒、焼き殺される 「自殺に見せかけるよう」校長自身が指示 バングラデシュ
  4. AAAリーダーを暴行容疑で逮捕 「飲みに行こう」と誘うも断られ平手打ち
  5. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです