メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

井上靖

未発表作出版 修業時代、複数の筆名で小説・戯曲 編者の死で埋もれた7編

「京塚承三」のペンネームで書かれた探偵小説「復讐」の原稿用紙7枚目=七月社提供

 作家・井上靖(1907~91年)が職業作家として認められる以前の未発表原稿が今月出版されることになった。95~2000年に刊行された新潮社版「井上靖全集」の編集過程で小説・戯曲の作品・草稿22編が見つかったが、編者の死などが重なり、長年日の目を見なかった。昭和の国民作家が文学修業時代にどんな修練と改作を重ねたのかを浮き彫りにする内容で注目される。【中澤雄大】

 井上は京都帝大入学(32年4月)前後から、「賞金目当て」で懸賞小説に応募したことで知られ、既発表作品は全集に収録された。

この記事は有料記事です。

残り853文字(全文1095文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. なぜ首相は「痛感」した責任を取らない? 安倍流処世術、軽さの原点

  2. 冷たい濁流に体力奪われ、姉らと抱き合い5時間…力尽く 熊本・芦北の酒井さん

  3. 「母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」 ツイートが大反響を呼んだ三つの視点

  4. 松尾貴史のちょっと違和感 コロナ巡る都知事の「夜の街」発言 客観的説明なく偏見を助長

  5. どこへGo Toすれば… 外出配慮?旅行? 都民惑わす政策のちぐはぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです