特集

第79期名人戦

渡辺明名人に斎藤慎太郎八段が初挑戦する第79期名人戦を特集します。棋譜中継は「棋譜・対局結果」からご覧いただけます。

特集一覧

将棋

第77期名人戦A級順位戦 広瀬章人竜王-羽生善治九段 第42局の3

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

手順前後

 広瀬は1時間32分の大長考の末、[先]4七銀と自重した。両者が攻めの動きを見送ったため、本局は5局中一番遅い進行。ジリジリとした中盤戦が続いた。

 「名人戦第0局」の解説会には地元の静岡市を中心に、多くのファンが詰め掛けた。パッと見て気づいたのは若い女性ファンが多いこと。難しい指し手の意味は分からなくても、真剣勝負の雰囲気や棋士の表情、仕草を楽しむ。昭和の時代はいかにも道場のオッチャンという人たちだらけで、むせ返らんばかりの光景だった。それを思うと隔世の感がある。

 広瀬は左銀を4六の地点まで送り、銀多伝のように構えた。対する羽生は[後]5四歩~[後]6五歩と対応したが、「手順前後だった」と後悔。正しくは[後]6五歩を優先すべきだったという。[先]4六銀左なら[後]9四角と打つ。実戦と違って[先]5七金の一手が入っていないので、[後]6六歩の突き出しがより厳しいのだ。そこでその筋に備えて[先]4六銀直が予想される。以下[後]5四歩[先]4七玉[後]4二銀が感…

この記事は有料記事です。

残り378文字(全文816文字)

【第79期名人戦】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集