メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

競馬

ダービー牝馬・ウオッカ逝く

 2007年の日本ダービーを牝馬として64年ぶりに制したウオッカが、蹄葉炎(ていようえん)(ひづめの炎症)のため滞在先の英国で1日午後、死んだ。15歳だった。日本中央競馬会(JRA)が3日、発表した。JRAによると、アイルランドで繁殖馬生活を送っていたウオッカは、配合のため英国の牧場に滞在中だった。3月10日に右後ろ脚の骨折が判明し、両後ろ脚に蹄葉炎を発症。安楽死の処置がされた。

 ウオッカは牝馬として史上3頭目、戦後初のダービー馬になったほか、JRA史上最多タイのG17勝を挙げ…

この記事は有料記事です。

残り645文字(全文886文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小6女児が2日前から行方不明 大阪府警、情報提供呼びかけ

  2. 教諭が女子中学生にわいせつ 陸上部の合宿中、発覚後に行方不明 兵庫

  3. 女子高校生、フェリーから飛び降り死亡 家族から不明届、警察官が保護し同行中

  4. わずか20分の間に…両親が当日の経緯を公表 山梨女児不明

  5. 紅葉と国宝、くっきりと ライトアップ、もうすぐ見ごろ 大津・石山寺 /滋賀

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです