メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

女性のカラダノート

高齢出産/2 「望めば産める」違った

不妊治療をした女性の出産や流産の割合

 キャリアを積むため、30代半ばからの妊娠・出産を望む女性は少なくない。だが、治療しても妊娠しづらく、妊娠できても流産や胎児の染色体異常のリスクが増すなど、女性の負担も大きい。

 ●リスク知らぬまま

 「年を重ねてからの妊娠のリスクを、知ってからでは遅かった」。大津市の会社員、大竹麻美さん(53)はこう振り返った。

 30代まで仕事に熱中した大竹さんは、40歳になって結婚した。翌年からさっそく妊活に取り組んだ。病院…

この記事は有料記事です。

残り1137文字(全文1343文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 金融庁「老後最大3000万円必要」独自試算 WGに4月提示
  2. 鮮明な写真公開 タンカー攻撃で 米政府 「イラン関与」を改めて主張
  3. 関西テレビ「ヘイト」放送 民族・女性差別発言編集せず
  4. ピエール瀧被告に判決 懲役1年6月、執行猶予3年 麻薬取締法違反で
  5. 国家戦略特区 政府ワーキンググループ委員関連会社 提案者から指導料200万円、会食も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです