労災認定

JAXA発注先社員自殺 土浦労基署判断

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 JAXA筑波宇宙センター(茨城県つくば市)で人工衛星の管制業務に就いていたエンジニアリング会社の男性社員が2016年に自殺したのは、長時間労働などが原因だったとして、土浦労働基準監督署が労災認定した。遺族と代理人弁護士が3日、記者会見して明らかにした。

 男性はつくば市の佐藤幸信さん(当時31歳)。地球上の温室効果ガスを観測する人工衛星「いぶき」の管制業務をJAXAから請け負っていた「宇宙技術開発」(東京都中野区…

この記事は有料記事です。

残り312文字(全文520文字)

あわせて読みたい

注目の特集