メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プロ野球

オリックス0-0ソフトバンク ソフトバンク・大竹ら12回零封、ドロー

 両チームとも無得点のまま、規定により延長十二回引き分け。

 オリックスは山本が八回1死まで無安打に抑え、9回被安打1の好投。攻撃で八回無死二、三塁を逸したのが痛かった。ソフトバンクも大竹が7回3分の0を6安打に抑えた。

タカ、打は沈黙1安打

 ○…ソフトバンクは12回でわずか1安打だったが、投手陣が踏ん張って引き分けに持ち込んだ。先発・大竹は緩急を駆使して八回途中まで無失点。八回無死一、三塁で救援した左腕・嘉弥真は好調の福田をスライダーで空振り三振。続く西浦は直球で浅い中飛に仕留めると二塁走者が飛び出し併殺で切り抜けた。嘉弥真は左打者が2人続いた場面を振り返り「しっかり腕を振った。四球でも2人でアウトを一つ取れば、あとは他の投手が抑えてくれると思った」。工藤監督は「ピッチャー全員に監督賞をあげたい」と手…

この記事は有料記事です。

残り532文字(全文886文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ノロウイルスで0歳男児が死亡 岐阜・各務原
  2. 警察がユニークなポスターで若者「確保」 志望者減続き
  3. 埼玉県に9200万円賠償命令 訓練中の機動隊員溺死
  4. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  5. 竹島、最古の地図発見 1752年に航路示す

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです