メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

GetNavi家電

時間がない? まずキッチン家電を見直して! パナソニック、おいしく時短できるレンジと冷蔵庫を発売(GetNavi web)

情報提供:GetNavi web

4月から新生活が始まっているという人も多いはず。生活が変わると、家事の仕方も変わってきますよね。特に育休からの職場復帰、進学・就職の伴うお弁当づくりが待ち構えている人は、効率良く家事をするための情報収集に力が入っているのではないでしょうか。そんな人にオススメの電子レンジと冷蔵庫がパナソニックから登場しました。家事の手間をぐんと減らしてくれそうな機能は要チェックですよ!

 

おまかせメニュー「ワンボウル中華」と「ワンボウルフレンチ」を新たに追加

みなさん、忙しい日はどんなものを作りますか。肉などのタンパク質と、野菜をバランスよく摂れて、かつ短時間でできるおかずといえば、やはり炒め物ですよね。パナソニックの調査でも、ふだんの主菜では炒め物の登場頻度が高いことがわかりました。

 

とはいえ、炒め物は調理時間そのものは短いですが、調理中ずっとフライパンのそばについていないと焦げてしまいます。また、複数の食材を使う時はそれぞれ最適な加熱時間が違うので、入れる順番にも気を遣いますよね。短時間で作れるけれど、意外に手間もかかる……そんな炒め物も簡単に作れるよう進化したのがパナソニックのスチームオーブンレンジ「3つ星ビストロ NE-BS1600」です。発売は6月1日で、実売予想価格は17万円前後(税抜)。先日は、人気バラエティ番組「アメトーーク!」の「家電芸人」で紹介され、その性能が驚きを呼んでいたのも記憶に新しいところです。

↑NE-BS1600。木目のハンドルが落ち着いた雰囲気ですね

 

そんなビストロは、従来から耐熱ボウルに材料を入れ、加熱するだけで調理ができる「ワンボウルメニュー」を搭載しています。そのワンボウルメニューの新たなメニューとして、今回追加されたのが「ワンボウル中華」と「ワンボウルフレンチ」です。

↑ワンボウルでいろいろな炒め物が楽しめるようになりました

 

「とろみセンシング」でとろみを焦がさず調理する

炒め物の中でも、中華炒めをレンジ機能で作ろうとするといくつか問題がありました。それは、中華炒めの「とろみ」です。とろみの元になるのは片栗粉などのでんぷんです。これらは温度の制御が難しく、食材に火が通っても、とろみ部分が焦げついてしまうことがありました。そのため、一般的なレンジを使った中華炒めのレシピでは、数分ごとに食材を入れたボウルをレンジ庫内から取り出して、かきまぜる工程が必要だったのです。筆者も何度かレンジを使って中華炒めの「八宝菜」作ったことがありますが、洗い物が少ないというメリットはあるものの、レンジの前で加熱具合を見張っていなくてはいけないので、「効率が悪い」と感じていました。

 

そんな困りごとを解決したのがNE-BS1600の新機能「とろみセンシング」です。これは、食材の温度を高精細64眼スピードセンサーが0.1秒の高速でセンシングしつつ、温度上昇に合わせて5段階でパワーをコントロールするというもの。

↑最初に60℃まで一気に加熱するとともに、食品の分量を判定。その後、センサーで高速でセンシングしながら、とろみや肉・魚の温度をきめ細かく制御します

 

↑高精細64眼スピードセンサーでしっかりとみはります(画像はイメージ)

 

八宝菜はレンジで加熱しただけとは思えないほどの仕上がりに

発表会では「ワンボウル中華」メニューの中から「八宝菜」、「ワンボウルフレンチ」メニューの中から「タラのプロバンス風」の調理実演が行われました。

 

上手に調理するには食材を入れる順番もポイント。最初に肉、魚を入れてとろみの元になる片栗粉などの粉類(デンプン)をまとわせ、その上に野菜を入れていきます。あとはラップをして加熱するだけで完成! 味もレンジで加熱しただけとは思えないほど、おいしく仕上がっていました。

↑粉類をまとわせた肉・魚類を最初に入れることがポイント。野菜を入れたら軽くラップをかけます

 

↑「ワンボウル中華」の「八宝菜」を選んでスイッチオン

 

↑15分ほど加熱するとできあがり。とろみによるツヤで、見るからにおいしそうな「八宝菜」になりました!

 

今回の調理デモで出来上がった八宝菜は、とろみがダマにならずなめらかで、焦げ付きは一切なし。驚いたのは、魚介がプリっとした食感でとてもおいしかったこと。「とろみセンシング」には、過加熱による肉や魚介類の硬化を防ぐ働きもあるとのことで、その効果が出たのでしょうか。一方、ニンジンやタマネギなどの野菜にはしっかりと火が通っていて、野菜の甘みが味わえました。

 

ほかの家事をしながら調理でき、後片付けの手間も減るのはうれしい

この「ワンボウル中華」の八宝菜は、加熱終了後にざっと混ぜる必要はありますが、調理中にかきまぜる工程がいらないので、ほかの家事をしながら食事の用意ができるのが魅力的。しかも作り終わった後は、耐熱ボウルだけを洗えばいいので後片付けも簡単です。

↑タラのプロバンス風。レンジを使うとパサパサになりがちなタラも、しっとりおいしく仕上がっていました

 

パナソニックのビストロは、これまで「チタンコートグリル皿」を使ってスペアリブなどを短時間で焼き上げるグリル調理や、冷凍した食品を解凍しながら焼き上げる「凍ったままグリル」、2品の調理を同時に行う「合わせ技セット」など、毎日の食事作りの手間を減らす機能を提案してきました。今回、新たに炒め物が手軽に作れる「ワンボウル中華」「ワンボウルフレンチ」を搭載したことで、よりいっそう調理の手間が軽くなりそうですね。

 

新機能「はやうま冷凍」と「はやうま冷却」を搭載した冷蔵庫

今回は冷蔵庫の新製品の説明も同時に行われました。いままでのパナソニックの冷蔵庫は、食材を凍らせずに微凍結保存する「微凍結パーシャル」を中心に製品を展開。共働き家族をメインターゲットに据え、常備菜や作り置きに活用する「おいしい7days」をコンセプトとしてきました。新製品のWPXタイプでは、これに加えて素早く凍らせる・冷やす機能に力を入れました。それが「はやうま冷凍」と「はやうま冷却」です。

↑3月20日発売のパーシャル搭載冷蔵庫WPXタイプ。実売予想価格は容量650LのNR-F655WPXが43万円前後、容量600LのNR-F605WPXが41万円前後、容量550LのNR-F555WPXが37万円前後(全て税抜)

 

業務用レベルの凍結スピードで、食材の損傷を抑える「はやうま冷凍」

「はやうま冷凍」は、凍結スピードとおいしさの関係に着目して開発した機能。急速冷凍によって食材の組織の損傷を抑え、おいしさを損なわずに冷凍します。

 

それを実現するために、冷蔵室の右下に引き出し状の「クーリングアシストルーム」を設けました。クーリングアシストルームには、専用ダクトと専用ファンを新たに搭載し、従来比約8倍(※1)の大風量を可能に(集中シャワー冷却)。これまで約150分かかっていた凍結までの時間を約30分に短縮し(※2)、業務用レベルの性能を実現しました。

※1:パナソニック調べ。2018年度製品NR-F604WPXの新鮮凍結ルームとの比較 ※2:パナソニック調べ。牛ステーキ(もも肉)150gをラップ包装。最大氷結晶生成帯(-1℃~-5℃)を通過する時間の比較。2018年度製品NR-F605WPXのクーリングアシスト(約28分)と2018年度製品NR-F604WPXの新鮮凍結(約60分)と冷凍室(約150分)との比較。外気温25℃、扉開閉なし

↑冷蔵室の右下にクーリングアシストルームを配置

 

↑凍結ルームにファンとダクトを新たに搭載し、アルミプレートとの相乗効果で一気に冷凍します

 

冷凍しても、揚げ物がサクサクジューシーに仕上がるメリットも

凍結スピードが短くなると、食材の細胞組織の損傷が少なくなるほかにも、うれしい効果があります。それは揚げ物の冷凍。揚げ物を冷凍して解凍すると、べちゃべちゃとした食感になることがありますが、これは、凍結する間に食材の水分が揚げ物の衣に移るから。その点、「はやうま冷凍」は、食材の水分が衣に移る前に素早く凍結。そのため、衣はサクサク、それでいて食材の水分は損なわれないので、再加熱してもジューシーに仕上がるというのです。

 

実際に試食してみると、衣がサクサクでおいしい! 揚げ物は油の処理などの手間を考えると一度に大量に作っておきたいもの。冷凍でこれだけおいしいなら、休日にたくさん作りおきしておいて、平日に省手間しながらおいしく食べるという生活も可能です。

↑通常冷凍のぶりのフライ(左)と、「はやうま冷凍」で凍らせたぶりのフライ(右)を試食しました。「はやうま冷凍」のほうは衣がサクサクで身もしっとりジューシー

 

アツアツのお弁当を5分で冷やせる「はやうま冷却」

もうひとつの注目は「はやうま冷却」です。こちらもクーリングアシストルームが装備する機能のひとつで、食材を冷やすことに特化したもの。朝、お弁当を作ったあと、粗熱が取れるまで待っていたものですが、「はやうま冷却」の「冷ます」を使えば、お弁当の粗熱が約5分で取れて、食材が傷みにくくなるのがメリット。これなら、忙しい朝の時間を有効に使えそうですね。

↑素早くお弁当を冷ませるのが便利

 

「はやうま冷却」は調理工程にも活用できる

また、「はやうま冷却」によって、ポテトサラダや炒めたたまねぎなどの粗熱取りがすばやくできるほか、冷やし固めるデザートも手軽に作れます。また、ゆで卵や肉などに味をしみこませたいとき、調味液とともに「はやうま冷却」で急冷すれば、約15分で味をしみ込こませることが可能。これまでどうしても時短が難しかった工程が、本機ならカンタンに時短できるというわけですね。これは大きなメリットです。

 

お弁当作りや日々の料理を効率良く済ませるために、家電を見直すというのはひとつの手。今回紹介したビストロや、クーリングアシスト機能を搭載したパーシャル搭載冷蔵庫WPXタイプを活用して、毎日の負担を上手に減らしてみてはいかがでしょうか。

↑ちなみにWPXタイプではスマホと連携できるので専用アプリを使えば「はやうま冷却」「はやうま冷凍」の操作がスマホでできちゃいます。凍結や冷却の完了をスマホで通知してくれるのも便利

 

【関連記事】
エアコンはムリでもこれなら…! 「冷風が出る」シャープ除湿機はジメジメ個室にぜひ欲しい
ダイソンがまた1つ「コードレスの不安」を消去した! 「賢すぎるディスプレイ」を持つ新モデル「V11」登場
この食感、信じられない…「三菱ブレッドオーブン」で焼くトーストは「行列の店」に匹敵する味だった!

情報提供:GetNavi web


おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 松本潤「嵐という船を一度降りて」大河主演決意までの葛藤 オファー一度は保留[コメント全文]

  2. マスク拒否し緊急着陸させた大学職員逮捕 威力業務妨害などの疑い 大阪府警

  3. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  4. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  5. 鼻出しマスクの受験生を逮捕 不退去の疑い 警視庁深川署

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです