メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

GetNavi AV

「色で指名買い」も十分あり! レジャーに映えるパナの新作4Kビデオカメラ(GetNavi web)

情報提供:GetNavi web

パナソニックは、デジタル4KビデオカメラHC-WX2M/WZX2Mなど全6機種を発表。高い光学性能に加えて手ブレ補正などの撮影アシスト機能を搭載し、暗いシーンにおいても高精細な4K撮影を可能としています。

↑今回発表されたのは3クラス6モデル(カラバリ含む)。発売は5月23日の予定

 

高画質派向けの「PREMIUM」と初めて向けの「AIR」

今回発表されたのは、上から順にHC-WX2M/HC-WZX2M、HC-VX2M/HC-VZX2M、HC-VX992M/HC-VZX992Mの3クラス。このうち、前2つは高画質モデルへの買い替えを想定した「4K PREMIUM」、HC-VX992M/HC-VZX992Mは初めて購入する人向けの「4K AIR」という位置づけです。

↑HC-WX2M/HC-WZX2Mは実売予想価格10万7000円前後、HC-VX2M/HC-VZX2Mは実売予想価格は9万2000円前後。両者の大きな違いは、カラバリのほか、前者は「ワイプ撮り」に対応し、大容量バッテリーが付属します

 

↑HC-VX992M/HC-VZX992Mは実売予想価格7万9000円前後。4K PREMIUMの2モデルに比べると、ズーム倍率やブレ補正性能がやや控えめなものの、そのぶん軽く(約398g)、安くなっています

 

いずれもライカ銘を冠した高性能なレンズを搭載し、光学24倍ズームを実現(HC-VX992M/HC-VZX992Mは光学20倍)。4K記録のメリットを生かし、撮影後にズームや手ブレ補正を行う「あとから補正」や、スローモーションなどの効果を追加する「あとからスロー&クイック」などにも対応します(補正後はフルハイビジョン画質で保存)。

↑ちょっと寄って撮ったので大きく見えますが、実物は幅68 mm×高さ77 mm×奥行142 mm(HC-VX2M/HC-VZX2Mの場合)とそこまでかさばりません。片手でラクラク扱える軽さなのも魅力

 

また、昨今は静止画だけでなく動画もSNS上で共有することが増えたため、今回新たに「ハイライトシェア」というユニークな機能が追加されました。これは4K MP4またはMP4で撮影したシーンから、きれいに撮影できた部分を自動で判別し、約10秒間のハイライト映像を作成する機能。ハイライト映像を保存後、スマートフォンに転送することもでき、簡単にSNSへのアップロードが可能です。ただし、HC-VX992M/HC-VZX992Mは非対応。

 

今作はカラバリにも注目です。新色としてHC-VX2M/VZX2Mに外遊びなどアクティブなシーンに馴染みやすい「フォレストカーキ」を、HC-VX992M/VZX992Mには街歩きのような都会的なシーンに馴染む「アーバンレッド」を採用。おしゃれな色使いで、持ち歩くのが楽しくなりそうですね。特に、フォレストカーキはこれからのレジャーシーズンにもぴったりなのではないでしょうか。

↑新色の「フォレストカーキ」。アウトドア感がありつつ、上品な佇まいです

 

スマホカメラの高性能化が著しいとはいえ、やはり動画撮影やズームを使うようなシーン、長時間の撮影などではビデオカメラの出番がまだまだありうそうです。個人的には思ったよりも軽かった点と、新色のフォレストカーキが特に好印象でした。これからのレジャーシーズンを前に、いま一度購入を考えてみてはいかがでしょうか?

【関連記事】
有機ELテレビが当たる! 東芝レグザで新会員サイトの登録キャンペーン開催
小型なのにパワフルなサウンド! 携帯しやすいワイヤレススピーカー「KOSS BTS1」
空間がプレミアム過ぎる…。ソニーのグラスサウンドスピーカー26台をひと部屋で鳴らすとどうなる?

情報提供:GetNavi web


おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 五輪特需見込む スナック、キャバクラなど会場周辺で容認へ 警視庁検討

  2. ロシア・ザギトワ選手「活動停止」 事実上の引退宣言の可能性 18年平昌五輪“金”

  3. 希望者は桜を見る会出席 前日に地方議員研修会 昨年4月「私物化」浮き彫りに

  4. 2番組が広告放送の疑い BPO審議入り

  5. ザギトワ「大学進学しコーチに」 ロシアTV番組で“引退宣言”

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです