メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

FC店の声トップに伝わらず セブン新社長 「営業時間柔軟に」

記者会見する井阪隆一セブン&アイ・ホールディングス社長(右)と永松文彦セブン-イレブン・ジャパン新社長=東京都千代田区で2019年4月4日午後3時14分、根岸基弘撮影

 セブン&アイ・ホールディングス(HD)は4日、傘下のコンビニエンスストア最大手セブン―イレブン・ジャパンの古屋一樹社長(69)が代表権のない会長に退き、後任に永松文彦副社長(62)が昇格する人事を発表した。24時間営業を巡り、見直しを求めるフランチャイズチェーン(FC)店との間で対立が生じるなどの混乱があったことも、交代の一因となった。成長を続けてきたコンビニのビジネスモデルを再構築できるか、新社長の手腕が問われそうだ。

 「各店の経営環境は大きく異なるので、営業時間についても柔軟に判断したい」。東京都内で記者会見した永…

この記事は有料記事です。

残り801文字(全文1064文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  2. 「2球で3アウト」無死走者なしで珍事 高校野球で 関係者は「初耳」
  3. 米軍燃料流出、131件日本側に知らされず 開示文書では環境への影響「Yes」
  4. ウソだった…宮迫博之ら11人を謹慎処分「2万〜3万円のギャラの芸人も 最初から全てを話すべきだった」(スポニチ)
  5. わいせつ動画投稿疑い 長崎県職員の22歳女を逮捕 京都府警

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです