メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「米国は支柱」NATO事務総長が米議会で演説

米議会上下両院の合同会議で演説するNATOのストルテンベルグ事務総長(手前)=米ワシントンで2019年4月3日、AP

 【ワシントン高本耕太】北大西洋条約機構(NATO)の外相理事会が3日、ワシントンで始まった。ワシントンは1949年4月に米、カナダと西欧の計12カ国がNATO創設条約を締結した都市。発足70年の節目に加盟国の結束を確認、ロシアの脅威や過激派組織「イスラム国」(IS)への対応を協議する。

 NATOのストルテンベルグ事務総長は会合に先立ち、米議会上下両院の合同会議で演説。「米国はNATOの支柱だ」と強調、同盟への貢献に謝意を示した。トランプ米大統領が「米国のNATOへの負担が突出している」と繰り返…

この記事は有料記事です。

残り376文字(全文626文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. チュートリアル徳井義実さん 24日から活動再開 申告漏れ発覚から4カ月ぶり

  2. 都内勤務の千葉県40代男性の感染を確認 症状出た後に広島、岐阜に出張

  3. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

  4. 「月収7万円減」新制度開始 自治体の非正規職員から上がる悲鳴

  5. ORICON NEWS 池上彰“新型コロナ”東京五輪の影響は「楽観しています」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです