メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

加計学園の岡山理大で入学式 獣医学部で定員上回る 四国枠はわずか1人

入学宣誓式に臨み、記念写真を写し合う新入生や保護者=愛媛県今治市いこいの丘の岡山理科大獣医学部で2019年4月3日、松倉展人撮影

 学校法人「加計学園」が国家戦略特区の愛媛県今治市で昨春開学した岡山理科大獣医学部は3日、2期生を迎えて入学宣誓式を行った。入学者は獣医学科が172人、獣医保健看護学科43人の計215人。授業料免除などで四国で活躍する獣医師を育てる四国入学枠は「最大20人程度」としていたが、1人(前年4人)にとどまった。

 獣医学科は定員140人を大幅に上回ったが、獣医保健看護学科は前年に続き定員60人を割り込んだ。学園の入試広報担当者は「獣医学科は想定以上に併願者に来ていただいた。獣医保健看護学科はPRに務めたが、志願者増には結びつかなかった」と説明。四国入学枠については「志願者が少なかった。大事な制度なので働きかけを強め、維持していく」としている。

この記事は有料記事です。

残り70文字(全文391文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. まさにアリの一穴…「ツイッター世論」は、なぜ、安倍政権を動かせたのか

  2. 「警官に押さえ込まれけが」 渋谷署前で200人が抗議デモ クルド人訴えに共鳴

  3. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  4. コロナ感染者ゼロ 「絶海の島」を逆手にとったパラオから日本へのメッセージ

  5. 住みたいのは草津 県民1位、「交通の便良く人気」 ネットアンケ /滋賀

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです