メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひこにゃん活動再開、委託団体が自主運営

愛らしい姿と仕草で人気を集めるひこにゃん=滋賀県彦根市の市役所で2018年10月10日午前11時33分、西村浩一撮影

 滋賀県彦根市からの運営委託費が支払われず、2日から活動を休止していた市のマスコットキャラクター「ひこにゃん」が、4日から活動を再開する。市から運営を委託されていた民間団体「日本ご当地キャラクター協会」が自主的に運営し、以前通りの活動を続ける。

 ひこにゃんの運営委託費を盛り込んだ市の2019年度当初予算案が先月、市議会で否決。つなぎの暫定予算も必要最低限の経費を計上した骨格予算となったため、活動休止が…

この記事は有料記事です。

残り304文字(全文506文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  2. 死者54人不明17人 避難者3万8000人 雨に警戒を 台風19号

  3. 長野・佐久でボランティア受け付け開始 若者ら232人が片付けに汗

  4. NZ監督警戒「日本が組み合わせの反対側なのは幸運」 ティア1と認識

  5. 満身創痍ギリヤーク尼ヶ崎さん 西新宿で青空舞踏 命の尊さ祈り捧げる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです