メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

はやぶさ2衝突実験解説(下)「軽業」カメラが世紀の瞬間を捉える

クリーンルーム内で製作中の分離カメラを、レプリカを使って説明する澤田弘崇開発員。左の机上のものは探査機に搭載された本物=相模原市のJAXA相模原キャンパスで2013年、武市公孝撮影

 探査機はやぶさ2が実施する世界初の小惑星への衝突実験。衝突装置が爆発し、小惑星リュウグウにクレーターが作られる間、はやぶさ2はリュウグウの陰に隠れるため衝突の様子を確認できない。そこで、退避する途中でカメラを分離して衝突実験を行う上空に浮かせておき、衝突装置が爆発し、銅の球が小惑星へぶつかる様子を撮影することになった。はやぶさ2に代わって世紀の瞬間を目撃しようというわけだ。3億キロかなたで挑む「軽業」ともいえる撮影が成功すれば、それも世界初だ。

この記事は有料記事です。

残り2996文字(全文3221文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  2. 台風19号 「公邸待機」の安倍首相批判を問う

  3. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  4. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

  5. 「規律と自主性」ぶつかり合い、そして歩み寄ったリーチ主将とジョセフHC 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです