患者の静脈にワイヤ抜き忘れ 69歳男性が死亡 大阪府警が捜査

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
大阪府警本部=大阪市中央区で2019年2月25日、藤田剛撮影
大阪府警本部=大阪市中央区で2019年2月25日、藤田剛撮影

 大阪府寝屋川市の「寝屋川生野病院」で2017年11月、男性患者の静脈にカテーテル(管)を挿入する際に使ったワイヤを抜き忘れる医療ミスがあり、転院先の病院でワイヤが心臓を損傷して男性が死亡していたことが、捜査関係者への取材で分かった。大阪府警が業務上過失致死の疑いで捜査している。

 捜査関係者によると、男性は寝屋川市の無職、鈴木博さん(当…

この記事は有料記事です。

残り255文字(全文424文字)

あわせて読みたい

ニュース特集